へのリンク
広高谷(高津川水系)
 
日 時  2018年9月2日(日)
天 気  晴れ
メンバー   内田・池本・高田・宮田・下岡・佐々木・林・江本(直) 8名
行 程   山口IC〜六日市IC〜県道42〜三葛~入渓8:30〜十郎衞小屋11:00〜出渓13:15〜林道〜三葛〜六日市IC〜山口IC
 前日の大雨で、当日の沢の変更有りえたが予定通り広高谷へ。

 車で左右の僅かなわさび畑を過ぎて少し奥の広場で車を置き、装備。最近涼しくなってきた事から寒さも考えて雨具を上に着る。
 
道路を少し下がった所から入渓
 思ったより水温も冷たく感じず、明るい沢が清々しく感じる。初めて買った沢靴(M製)のフリクションを信じ、一歩一歩。
 歩き始めて2時間、F8を過ぎて少し休憩。右の支流に高さのある滝が見える。
F 10を過ぎ 十郎衞小屋が見えてくる
 足の置き方など、アドバイスを受けながら進んで行く。滑って落ちても問題無い所、注意すべき所、自分なりにわかってくる。
水量もかなり
 F12あたりから滝が多くなり、初心者の自分は左右に巻いて行く。沢登りの良い所は選べるのだ。
F19 草付きを確保してもらいながらトラバース
 眺めの良い滝F20。自分は右手に大きく巻いて、クライミングしてくる会員を上で待つ。
F20 高巻
 後は、平坦な沢を進むとガードレールが見えてくる。ここで出渓。
行程図
 今回 初めての会山行で、沢登りは初心者にも関わらず受け入れていだだき、フォローしていただいたリーダーと会員の方、感謝いたします。楽しく心地よい疲れで満喫いたしました。
(  文 : 江本(直)   写真 : 内田、高田、林  )
 
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO