へのリンク
なんちゃってアイスクライミング(戸河内・龍頭峡)
 
日 時  2018年2月10日
天 気  曇り時々晴れ
メンバー  林(会員外:Y)
行 程  龍頭峡林道08:00~二段滝08:10~奥の滝08:15~二段滝~龍頭峡林道11:00
 今年の寒波は強い。ひっきりなしに西中国山地の滝を凍らしている、気がする。
 そんな中、ネットで氷瀑の情報を入手。次の寒波がいつくるかわからないので、行ってみることにした。
 戸河内ICを降りて龍頭峡へ。林道がどこまで除雪されてあるか分からず心配だったが、林道終点までちゃんと除雪されてあったので大助かり。
 ここから二段滝までは300m。ちょっと氷瀑を見に行くにもアクセスが良い。
ここから沢沿いに入る
流れの弱いところは凍っている
 沢の流れが強く、凍っているか不安になりながら進むと、すぐに二段滝が目の前に現れる。圧巻の大きさで、氷も思っていたよりかなり発達している。二段滝という名の通り二段となっている滝だ。上段と下段を繋ぐ滝の中間部はあまり凍っておらず水が勢いよく流れている。ここの氷は脆そうだ、登る事は出来ない。
圧巻の二段滝
 二段滝から奥に100m行くと、奥の滝が見えてくる。こちらは、二段滝と比べ氷はまだまだ。写真だけとって再び二段滝へ。
こちらは奥の滝
  下部は氷も安定してそうで、登れそうだ。ただし高さはあまりない。上部も氷が見えるが、滝の流心は凍っておらず両岸が凍っているのみ。こちらは近くで見てみないとよくわからない。昼から予定も入っているので下部だけ登ってみることに。
この辺りまでは遊べました
 氷は意外と厚く、安定しており、アックスもよくきまる。滝を直登するように登ると、なかなか楽しめた!しかし上からの水しぶきが凄く、左へトラバース。氷の安定しているところを選んでアイススクリューで支点をとって、軽くトップロープで遊びました。
左から登ると水しぶきも受けにくい
 西中国山地でも、条件さえ揃えばアイスクライミングが楽しめるのではないのかと思う。夏に条件の整っていそうな滝を探して、また冬に探索にきたいと思う!
林道の駐車位置
( 文・写真 : 林 )
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO