へのリンク
阿佐山山スキー (広島県/島根県)
 
日 時  2018年2月3日(土)
天 気  雪時々晴れ
メンバー  下岡 高田 藤井(会員外)
行 程  宇部(4:00)⇒北広島町大谷集合(8:00)→阿佐山(12:45)
 →滑降開始(13:00)→北広島町大谷(14:50)⇒北広島町大谷解散(15:00)
 西中国山地の数少ない山スキーが楽しめる場所を探して、南東斜面の伐採地がスキーの適しているとのネット情報を基に阿佐山へ行ってみる。とにかく今年は雪が多い。快適なパウダーが期待できるかも?!
 山口県でも雪がちらついてる中、津和野~匹見経由で下道を4時間かけて登山口の大谷へ向かう。
 登山口の大谷に集合し、除雪してある道路脇のスペースに車を停めて準備をして林道をシール登行開始。(8:45)
登山口の大谷から林道に入る
 地図で現在位置を確認しながら約一時間林道を進む。標高850m付近より阿佐山方面を確認し、藪をよけながらスキー登行しやすい場所を選んでスキーラッセルして進む。
スキーラッセルしながら上を目指す
 雪の状態は深く重い。途中沢を渡る場所を探しながらジグを切り(斜め上前方への滑走とキックターンの繰り返しで登る)ながら上を目指すが、ラッセルがきつく中々思うように高度が上がらない。天気は時々晴れ間がのぞくも終始雪が降り続き気温も低い。
ブナ林の中をジグを切って進む
 急登のブナ林の間をひたすらラッセルで登り、やっとのことで阿佐山頂上(1218m)に12:45着。頂上は特に標識は無く、三角点はあるようだが雪に埋もれており、何かの大きなアンテナと小屋があるだけ。
阿佐山頂上
 雪が降る中寒いので休憩も早々に滑降開始。上りで苦労した急登のブナ林も割と林間は広く、雪質も良くツリーランが楽しめる。ブナ林を抜けたところから伐採地斜面を少し滑り、雪崩のリスクの少ない尾根を滑って下る。
ブナ林の中ツリーランを楽しむ
伐採地南東斜面を滑る
雪崩のリスクが少ない尾根を選んで滑る
 下部は結局藪の中に入るが、上りで苦労した沢に入り込まないように地形を見ながらルートファインティングをして林道に合流。(14:30)
阿佐山トラック図
  林道は割と滑りやすく登山口まであっという間に着いた。新雪の中、ラッセルと滑降を楽しめたスキー山行であった。15時現地解散。
( 文・トラック図:高田 写真:高田、下岡 )
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO