へのリンク
雲月山(うづきやま)山スキー (広島県/島根県)
 
日 時  2018年1月27日(土)
天 気  雪時々晴れ
メンバー  下岡 高田
行 程  宇部(4:00)⇒岩国合流(6:00)⇒北広島町土橋(9:30)→雲月山(12:00)
    →滑降開始(12:20)→北広島町土橋(14:30)⇒岩国解散(18:00)
 雲月山はなだらかで草原の山で山スキーにはうってつけの山であると、ネットの紹介で見つけてから気になっていた。ただ標高が低いのと樹林が少ないので雪がとけるのも早い。今年は雪が多い!快適な滑降が期待できる!?
 登山口土橋の林道の入口までは除雪されており、除雪車の邪魔にならないところに車を止めてそこからシール登行で林道を進む。
 約一時間林道を進むと、東屋が見えてきたのでそこを目指してラッセルをして進むが雪は深い。
土橋駐車場
林道入口
 東屋まで上がると、雲月山全体が見渡せる。
 地図と見比べながら滑降ルートをあれこれ思案するが、ネットで見てイメージしていた快適な一枚バーンとちょっと違うような…?
東屋を目指して登る
東屋から見た雲月山
 とりあえず登りやすそうな斜面を登り、島根県との県境尾根に取付く。小さなアップダウンをシールをつけたまま進む。時々青空も見えて全景が見渡せてテンションも上がる。
 雲月山頂上に12時着。休憩しながらシールを外し滑降準備をする。下る方向を決め、あとは滑りやすそうな斜面に突入する。
県境尾根を登る
雲月山頂上
 新雪の快適なパウダースノーを期待して滑るが、そこは西中国山地の標高1,000mに満たない山雪質は重い。それでも短い時間ではあるが滑降を楽しむ!
滑降①
滑降②
 下部になると藪が目立ちルート選びに苦労する。途中小さな沢をスキー板を外して渡ったりしながら、登ってきた林道の南西側に枝分かれしている林道に出たので、土橋を目指して戻る。
 まあ、行ったことのない山だったので登頂と滑降ができて良かったが、下部は藪がうるさく、スキーが楽しめるのは上部の一部であった。
トラック図
( 文・トラック図:高田 写真:高田、下岡 )
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO