へのリンク
犬戻し峡沢登り
日 時  2017年7月23日(土)
天 候  晴れ
場 所  犬戻し峡(錦川水系)
メンバー  内田、松並(和)、杉山(会員外)
行 程  山口IC(6:00)~中国自動車道~六日市IC~寂地峡駐車場~入渓(7:30)~
F8(10:00)~遡行終了(12:30)~寂地峡駐車場(13:50)~六日市IC~
中国自動車道~山口IC
 難易度の高い沢をいくつも経験している内田が、今回選んだ沢は、沢登りの入門ルートとして知られる犬戻し峡だ。沢登り初挑戦の杉山氏、ブランクのある松並の力量を考慮しての選択だが、他にも目的があったようだ。
 他パーティーが来ている様子はなく、一番乗りで入渓することができた。人気のある沢だが、渋滞することなく快適に遡行することができた。水温もちょうど良く感じる。
ラバーソールの沢靴で快適に登る内田
 内田は、フェルトではなくラバーソールの沢靴を使用していた。内田曰く、「苔のない所ではバチ効き」だそうだ。そして、沢登り初挑戦の杉山氏は、これが初めてとは思えないほどの安定した登りを見せた。
シャワークライミングにも果敢に挑む杉山氏
 「今日は、F8を右岸側から登ってみようと思います。」今回、内田が犬戻し峡を選んだ目的は、通常、左岸側から登るF8を右岸側から登るというものだった。
核心のF8で右岸側を登る内田
セカンドで続く松並
ラストの杉山氏とビレイする内田
 アブミを巧みに使いカムで支点を取りながら、見事に突破してみせた。セカンドで続いたが、到底、トップで行く気にはなれないと思った。内田の技術と度胸には感心させられた。
 後記

 2年ぶりの沢登りだったが、内田、杉山氏のおかげで、快適で楽しい山行となった。なかなか時間を作るのは難しいが、機会があればまた参加したい。
( 文:松並 / 写真:内田、松並、杉山 )
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO