へのリンク
冬の市民ハイキング深入山
山行日  2014年1月19日(日)
天 候  曇りときどき雪
参加者  一般参加者39名、
 会員16名(村田、中村、長岡、三浦(昇)、三浦(久)、新本、竹之内(真)、
   江本、斉藤(宗)、林、内田、大岡、市橋、石井、福山、関原)計55名
行 程  5:55 宇部市交通局出発 →  10:40~11:00 いこいの村ひろしま・深入山登山口
 → 12:20~12:30 深入山山頂 → 12:45~13:30 山腹で昼食
 → 14:00 登山口 → 18:50 宇部市交通局
 概要

 今回の冬の市民ハイキングは恐羅漢山に登る予定であったが、当日の積雪や交通状況により、行程に無理が生じそうな状況となったため、急きょ目的地を深入山へ変更することとなった。
 深入山も多くの積雪があり、参加者は大いに雪を楽しむことができた。
 内 容
 戸河内ICを下りてからは本格的な雪景色となり、バスもチェーン装着のため予定外の時間を取られることとなる。
 乗用車で先に恐羅漢山登山口付近に到着した先発隊から、渋滞で登山口までどれだけ時間がかかるかわからないとの連絡が入り、やむなく目的地を恐羅漢山より手前にある深入山に変更することとなった。
 たまたま会員が前週に深入山を訪れていたため、様子の分かっていたことも深入山に決めた理由となった。
登山準備
 先発隊の会員と合流したのち、いこいの村ひろしま駐車場を出発。
 斜面を直登するトレースを追って歩く、登山客だけでなくバックカントリーのスノーボーダーやスキーヤーが多く山に入っているためしっかりとしたトレースがついているが、一歩外れるとたちまち深い雪に足を取られてしまう。相当の積雪のようだ。  
登山開始
だんだん登りがきつくなる
 きつい登りを巻かずに真っ直ぐ登るルートを取る。時折日差しがみえるなど、気温はやや高め。
 休憩をはさみながら、ようやく最初のピークに到着。ここまで来てやっと山頂が見えてくる。
 参加者からは「あと少しだ」とか「見たくなかった」などの声が上がる。近くの斜面の大きな岩の横では、先行した会員が休憩スペースを作っており、昼食の準備に取り掛かっている。
 休憩中の他の登山ツアーやバックカントリーの人たちの間をかき分けるようにして、最後の登りに挑む。
山頂で記念撮影
 山頂付近は思ったより風は無いが、寒く、山頂の標識の裏にはびっしりと霧氷が付いている。
 ここで全員の記念撮影をしたのち、早々に先ほどの休憩スペースへと下りることとする。
休憩地点へ急いで下山
休憩地点は近い
 休憩スペースに張ったテントではコーヒーやスープが用意されていて、希望する参加者に手渡されていく。
 昼食を食べながらホッとできるひと時を過ごすこととなる。
 曇り空で時々小雪が降ってくるが、見通しは良く周りの山々も見渡せ、景色もしっかりと楽しめる。
休憩風景その1
休憩風景その2
休憩風景その3
 スキーヤーやスノーボーダーの華麗な滑りを眺めながら、登ってきたルートで下山する。
 そり遊びに興じる他の登山者に触発されて、シリセードを試す参加者もいたが、雪質のせいか、なかなかうまく滑るのは難しかったようだ。
 お詫びとお礼

 結果的には雪に存分に親しみ、景色も楽しむことのできた山行となりましたが、移動計画に甘かった部分があり参加者の皆さまにご迷惑をおかけすることになり申し訳ありませんでした。
 安全を最優先して、やむを得ず目的地を変更しましたが、変更についても快く御了承いただきましたことについて改めて感謝を申し上げます。
 今回の反省を生かして、来年度も一層内容を充実して宇部山岳会市民ハイキングを続けて参りたいと考えていますので、次回も参加をよろしくお願いいたします。 
( 文:中村 写真:関原、中村、江本 )
Copyright(C) 2004 Ube Alpine Club All rights reserved.
SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO